脂マネジメント最新情報

調理法でさらに効果アップ?青魚で脂マネジメント!

2017.01.27

  • SHARE
  • facebook
  • twitter
  • line
  • B!

【脂マネジメント連載・第3回「魚で脂マネジメント」】



魚の“脂”を意識して、健康的に脂マネジメントしよう!


脂質は、カラダのエネルギー源になったり、血液やホルモンの材料になったりと、私たちになくてはならない栄養素です。でも、摂りすぎると肥満の原因にもなることも事実。だからこそ、摂りすぎも摂らなさすぎも禁物で、日々適量を摂る=「脂マネジメント」することが大切!そして、「摂る」という観点で見ると、できる限り良質な脂質を摂るのが健康を保つための賢い方法です。
脂質には飽和脂肪酸と不飽和脂肪酸という2種類があります。飽和脂肪酸は、肉類などに多く含まれるもので、摂りすぎると悪玉コレステロールや中性脂肪を増加させ、肥満や動脈硬化の一因になることも。しかし、不飽和脂肪酸(オメガ3系脂肪酸など)は、悪玉コレステロールを減らし、血液をサラサラにする効果があり、生活習慣病の予防にも役立つという、いわゆる良い脂質といわれているものです。その良質な脂質を含む食材としてオススメなのが、さんま、さば、あじなどの青魚。青魚には、オメガ3系脂肪酸「DHA」や「EPA」が豊富に含まれているため見逃す手はありません。

※厚生労働省「日本人の食事摂取基準(2010年版)」より
毎日の食卓では子どもたちに人気の肉料理がつい多くなりがちですが、魚も献立に取り入れてバランスのよい食事を続けていくのが健康を保つコツ。中でも栄養満点の青魚を積極的に食べて、おいしく上手に「脂マネジメント」していきましょう!

続きはこちら

記事提供:Copyright© Cookpad Inc. All Rights Reserved
記事・写真の無断転載を禁じます。掲載情報の著作権は提供元企業に帰属します。

  • SHARE
  • facebook
  • twitter
  • line
  • B!